書いている医者
介護を受けるシニア男性

特徴的な疾患

痛風は生活習慣の改善が予防に効果的であり、特別に費用のかかることをする必要はありません。しかし、原因となる尿酸過剰の元は個人差があって、日本人に多く見られる尿酸排泄機能の低下は気づきにくいため注意が必要です。

この記事の続きを読む

様々な薬

予防するため

痛風は体内に尿酸値がたまることにより発症するため、予防法としては尿酸値を高めるプリン体を多く含むビールなどのアルコール類の摂取を控えることや野菜や魚を積極的にたべることそして適度な運動とストレスをためないことが大事です。

この記事の続きを読む

薬と水

生活の改善をする

痛風予防は昔から行なわれており、乳製品やお茶、コーヒーなどの摂取によって尿酸値を下げることができます。日常生活では食事の仕方を変えることによって予防効果を高めることができます。

この記事の続きを読む

知っておくべき

風邪の症状が出てる女性

これからの時期においては、ビールがおいしい季節になります。特に暑い日の仕事の後に飲む冷たいビールは、最高です。ビール好きの人が気にするのは、プリン体による「痛風」です。この病気は、食物等に含まれているプリン体が原因とも言われ、風が吹いただけでも痛みを伴うことからこの名が付きました。このプリン体は、尿酸の素になるといわれており飲酒そのものがマイナスの要因を持っている事も知っておかなければなりません。 痛風は予防することが出来る病気ですが、いつどこで誰が起こるかはわからない病気です。しかし、最近の医学の発展により、尿酸が身体の中にたまり、それが結晶となって激しい関節炎を起こしています。また、良い薬もありますので正しい知識を知る事が予防の第一歩です。

この痛風は、贅沢病とも言われており現代における特徴的な病気の一つです。一つの目安としては、「尿酸値」がありますが、尿酸値が低くとも痛風を発症する人もいるのです。遺伝的な要素や生活環境など様々な原因がありますので、正しい知識を持っておく事は重要です。 痛風予防のためには、食物からの摂取を控える事やどんな食物に「プリン体」が多く含まれているかなどの正しい知識が必要で、尿酸値を低く保つことも重要となります。 予防策の一つとして一般的に知られているのは、水を多く飲むことやプリン体を多く含む食物の摂取を控える事です。また、食物においては尿酸値を下げる食物もありますので、それらを積極的に摂取することも効果があります。その他にも運動をする事やストレスを解消する事も重要な予防策です。 尿酸値が低くても痛風になる人もいるので、その症状をよく理解しておき、症状を感じたら受診する事も必要です。